i.aquarium

ARTICLE PAGE

26 2018

産卵水製造プラント

こないだの3連休で、前回の記事に書いた産卵水製造プラントを完成させました。

20181224-1.jpg

…と、大袈裟にプラントなどと書いてみましたが、実際には「60cm水槽を置いてみましたよ」ってだけのハナシ。

底面ろ過で水を回し、ここでソイルのpH降下機能によってpH5~6くらいの水をつくり出し、

それをアピスト水槽の水換えに使っていくことになります。

使うソイルの選定はちょっと迷いましたが、調べてみた結果、現状では青ぶるソイルしかないな、と。

これまでよく使ってきたプラチナソイルとかマスターソイルあたりでは、我が家の高pH&高硬度の水のpHをきちんと落とすことができず、

これらよりpHを下げてくれるソイルでも、アマゾニアみたいに肥料分が溶出されるものはコケの原因になるだけですので、

pHをかなり引き下げつつ肥料は含まない、しかしフミン酸は入っている、ってなると現状はこれ一択じゃないでしょうか。

あとはこのpH調整機能がどの程度持続するかですねぇ。

最低でも1か月はもって欲しいのですが…。

20181224-2.jpg

写真はまぁなんとなく。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

スポンサーサイト



2 Comments

鍛冶屋の鉄馬  

お久しぶりです!
溜め水水槽ですか!
もう○態ですね(笑)前からでしたね〜
以前青ブルのお世話になってました。
確かpHは5切ったくらいにはなった記憶があります。
結構高価なソイルだったと思います。
僕の場合は、本水槽に入れて運用してました。
パウダーを買ったけど、粒が大きかった記憶があります。
半年位運用して砂に替えました。
色々と試して自分のスタイルを探すのも面白いですね!
また、結果の報告待ってます!

2018/12/29 (Sat) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Rovin  

◆鍛冶屋の鉄馬さん
そうそう、結構な値段なんですよね。
しかも売り切れになってるところばかりで、1袋3000円しましたし。
なのでpH降下の効果が1か月持たないとかだったらコスパ最悪なので、
また考え直さないといけませんねぇ。
まだダメだったらドーピングに逆戻りです^^

2018/12/29 (Sat) 21:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment