i.aquarium

ARTICLE PAGE

25 2018

リネアタ(仮)101号室ペア

こないだ書いたようにAn Aquariumさんから購入した2ペアのリネアタ(仮)。

今日はまず、APAP水槽101号室に入ってもらったペアの紹介から。

ヘッポコ・アピスターのワタクシに種の同定などできるはずはないので、

とりあえず写真現像&記事を作りながら、自分なりにオスかメスかだけチェックしていきます。

20180218-1.jpg

まずはペアの写真。

サイズ的に明らかに奥にボケて写ってる個体(以下、<大個体>)の方が大きく、

水槽内では常に手前のピントが合ってる個体(以下<小個体>)が追いかけられる状態。

これを見て、てっきりワタシは奥の<大個体>がオスで、手前の<小個体>がメスだと思い込んでおりました。

20180222-1.jpg

今度はピント合ってる方が<大個体>、奥というか左のが<小個体>。

で、まず<小個体>がホントにメスなのか、という目でつぶさにチェックしてみます。

20180222-4.jpg

すると、まずオスの特徴であるはずのアナルブローチっぽいのがうっすら見えるなぁ、と。

さらに、尾ビレの形も、なにやらライアーテールに伸びていきそうに見えます。

20180222-5.jpg

背ビレの後端は尖っておらず、現時点でこの部分はメスっぽく見えます。

尻ビレの色ノリは判別できず。

また、顔には薄~い赤部分があり、これがゆくゆく隈取りになるような気がしないでもない、と。

20180222-7.jpg

背ビレの前端は、他のアピスト種であればメスっぽい気がしますけど、なにせリーゼントになる種なだけに判断できず。

…というコトで、各チェック項目をまとめてみると、判別できない背ビレは微妙なものの、オスではないかと判別。


次に<大個体>。

20180222-2.jpg

最初はなんとなく顔に赤みがあるように思ってたんですけど、これは内出血みたいな感じで、

表面に乗ってきてる色ではないですね。

20180222-3.jpg

そして尾ビレも、動いてる状態だとライアーテールっぽいのかと思ってましたが、

静止画で見てみると単に欠けてる部分があるだけで、全体のカタチとしては明らかにラウンドテール。

さらにはアナルブローチもありませんので、こちらはたぶんメスではないかと。


…つまり、最初に思ってたのとはまったく逆で、<小個体>がメス、<大個体>がオスという自己判別結果となりました。

ぜひぜひ、皆さんの忌憚ないご意見も聞かせていただければ幸いです。


で、もしそうだとした場合、メスがオスを追い回してる現状をこのままにしといていいのか、という問題が…。

とはいえ、2ペア計4匹のうち、このメスだけがひとまわり大きく、ペアを替えても結果は同じだと思われるため、

このまま無事にオスが成長してくれることを願うしかないのでしょうね。

逆に言えば、これだけしっかりしたメスが来るってのはありがたいとも言えるのでしょうし。

20180222-8.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment