i.aquarium

ARTICLE PAGE

02 2018

ビタエニ・ナナイ

薄給サラリーマンにとっては、安さは正義なのでありまする。

…というコトで、今回はビタエニアータのナナイ産。

20180125-1.jpg

同じビタエニでも、前のマムリとは違ってペルー産ですから、とにかく安い。

体型がちょっと違うとかありますが、素晴らしいコスパかと思います。

アピ水槽だけで8本もあったりすると、こういうのも居てくれないとね。

20180125-2.jpg

すでにソコソコのサイズでして、発色もいい感じです。

20180125-3.jpg

こちらはメス。

マムリ産よりもサイズが大きいコトもあり、こちらはオス・メスの心配はないですね。

20180125-4.jpg

同一水槽のメスだけでなく、隣のマムリのメスまで威嚇してます…。


では、最後の風景写真を。

20180125-5.jpg

今日は兵庫県宍粟市の明神滝。

落差はないものの、昔は素晴らしい滝姿だったのですが、台風やら大雨による土砂崩れなどで形が変わってしまいました。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
スポンサーサイト

2 Comments

さのじ  

こんばんは。
この色、スゴく好きです!
レ〇ンの図鑑を観て、ビタエニを飼うなら、この色!と思っていたタイプです。
巡り逢うことなく、カカトゥ系にはまってしまいましたが。。。
ペルー産のアピスト、なんでお手ごろ価格が多いのですかね?
ビタエニは勿論ですが、アルパフアヨ・パパゲイ・ディアマンテ・インカ・パンドゥーロなどなど、魅力的なアピストがたくさん居るのに。。。
ペルーに多いカカトゥ系にはまっている僕にとっては、ペルー産、バンザイ(笑)です

2018/02/05 (Mon) 01:15 | EDIT | REPLY |   

Rovin  

◆さのじさん
ありがとうございます。
ボディーカラーは典型的なビタエニで、背ビレの黄色が鮮やかでいい感じです。
尾ビレもかなり黄色が強いですが、模様の細かさはありませんね~。
理由はワタシも分かりませんが、ペルー便はほんとありがたいです。
また掲載しますが、うちにはインカもおりますし、
これからもお世話になることでしょう^^;

2018/02/05 (Mon) 09:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment