i.aquarium

ARCHIVE PAGE

archive: 2017年06月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

エリザベサエ・サンガブリエル

さて、昨日取り急ぎ紹介した新入りサカナを改めてご紹介しときます。Ap.エリザベサエ サンガブリエル産のワイルドペアです。水槽投入日に頑張って撮った写真ですので、まだ鱗はささくれ立ってますけど、腹の赤さとブルギラは申し分ありません。なにげに顔の赤が濃厚です。前では一切やりませんが、水槽の奥でガラス面に映る自分を見てヒレを立てまくってます。強いて言えば、背ビレの長さはモノ足りないでしょうかね。こういう個...

  •  5
  •  closed

新入り

先日、ここで紹介したやや残念なエリザベサエ。※前に掲載した写真と同じです冷凍アカムシを食べずにちょっと心配みたいなことを書きましたが、もうすでにお亡くなりになり、その後ほどなくメスも…。オス・メスともに1週間もたずに死ぬって…。商品説明に書かれてあった個体レベルと差があったうえ、サカナの状態もこんな感じですから、これまでは安さに釣られてこちらのショップをよく利用していましたが、もう今後買うことはない...

  •  6
  •  closed

定義

すでに何度もアップしているAp.ジュルアエメラルド(クルゼイロ)ですが、なんとなく尾ビレ下側のオレンジ部分(=バー)がハッキリしてきた気がします。ただ、アップにするとよく分かりますが、下のバーは伸びている先端部分とその周辺だけ色がついてまして、上と比べると明らかに弱い感じ…。で、ここでふと思ったのが、「世間一般的にこの程度でもツインバーと言って良いのだろうか」というコト。アクアリウムというマイナー趣味...

  •  4
  •  closed

ADAボトル2種

アピスト産卵に向けた水づくりの第一歩として、前に書いたADAのソフトウォーターを購入し、使い始めました。ついでに水がピカピカになるというクリアウォーターも(右がクリアウォーター)。ちなみに、クリアウォーターは「スポンジフィルターの水槽に使うとアピストが死んだ」と書いてあるブログ記事を見たことがありますので、くれぐれもAPAP水槽群に使わないよう注意しとかないと…。とりあえずアピストの水槽には毎日少しずつソ...

  •  2
  •  closed

再びミニ・テラリウム

昨年、ADAの「ちいさな水辺セット」を購入し、ひっそりとフィルターレスのプチ・テラリウムを楽しんでいましたが、その「侘び草」(エキノMIX)が冬になって元気がなくなり、そこから休止状態になっておりました。で、先日、ふとショップで今年度のセットが売られていたのを見かけ、侘び草だけ買ってまたやってみようかと思い立ちました。…が、店にあったいい感じの侘び草はセット専用ということで単品では売ってもらえず、小さい...

  •  0
  •  closed

コバルトロージー

以前、このブログでまぁまぁの酷評とともに紹介したコバルトロージーテトラ。その酷評とは、ざっくり要約すると「黄色ベースの薄赤なクセにコバルトロージーとか名乗りやがって」というコトなのですが、だんだんと色が出てきましたので、改めて載せときます。もともとヒレは立派なので、色が出てくるとなかなか豪華な感じに。一番色が出てるのは他の2匹を追い払いますので、優位な個体が最もキレイになる感じですね。◆アクセスア...

  •  0
  •  closed

新サエ…ですが

例によって通販で新しいアピストを購入しました。エリザベサエ・トゥッカーノのペアです。「赤顔・赤腹・極上」と書いてある割には安いと思ってついついポチってしまった次第でして、「赤顔・赤腹」についてはまぁその通り。ですが、「極上」についてはどうかなぁ、という感じ。ご覧のように、尾ビレは裂けてますし…。そして、このオスでちょっと気になるのが活ブライン以外はまったく何も食べてくれないというコトでして、ちょっ...

  •  7
  •  closed

産卵は

我が家には現在、エリザベサエ、ビタエニアータ・カレイロ、ビタエニアータ・テフェ、ジュルアエメラルド、ヴィエジタ、ボレリーの6ペアがおりまして、さらにロシタエ、アガシジィ、マクマステリー、エリスルラはオスかメスのどちらかだけ残っている状態。ただ、6ペアもいるけれど、どれもこれもまるで産卵の兆候が見られません。ワタシは当初、アピストを産卵させようとはあまり考えておらず、それよりは「色んな種類を飼育し、...

  •  2
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。