i.aquarium

CATEGORY PAGE

category: アピストグラマ  1/13

バエンスヒ

ちょっと間が空きましたが、アピスト紹介シリーズ。今日はAp.バエンスヒを。まずはオスから。まだサイズはさほど大きくないので、これからの成長に期待です。青の発色はそれほどでもない感じですが、どうなりますか。なんとなく尾ビレをアップで。一方のメス。最近はオスに押されて、こうやって前に出てくることはあんまりないですけど…。なんかパンダみたいで可愛いっす。オスとメスはあまり仲良くないですが、エサはメスもちゃん...

  •  2
  •  -

暗転

天国から地獄といいますか。Ap.トリファスキアータ(グアポレ産、WD)の稚魚が浮上し、喜んでいたのですが、金曜の夜、帰宅して水槽を見てみると、トリファがいる水槽の様子がもう一見しておかしい感じ…。で、よ~く見てみると。まず、稚魚がまったく見当たりません。次に、メスが黄色から白になってボロボロの状態で水面をフラフラ。そしてオスは元気そうに遊泳。この状況から考えられるのは、腹を空かせたオスが稚魚を食べようと...

  •  6
  •  -

ビタエニ・ナナイ

薄給サラリーマンにとっては、安さは正義なのでありまする。…というコトで、今回はビタエニアータのナナイ産。同じビタエニでも、前のマムリとは違ってペルー産ですから、とにかく安い。体型がちょっと違うとかありますが、素晴らしいコスパかと思います。アピ水槽だけで8本もあったりすると、こういうのも居てくれないとね。すでにソコソコのサイズでして、発色もいい感じです。こちらはメス。マムリ産よりもサイズが大きいコト...

  •  2
  •  -

節穴…

昨夜のことでございます。会社から帰って晩メシを食べ、いつものようにブラインを各水槽に注入。で、アピスト達の水槽にも順番に。! ! !「なんか稚魚が泳いでるやん…」トリファ(グアポレ産WD)が産んでおりました…。数日前からメスが黄色いと思って注意はしてたつもりなんですが、稚魚が遊泳するまで気付かないとは。産んでくれた嬉しさより、気付けなかった自分の節穴っぷりに対するショックの方が大きいという、複雑な感じ...

  •  2
  •  -

オフ会&アガシジィ・テフェ

28日の日曜日、大阪でのオフ会に参加してきました。こういう集まりに出るのは初めてで、もちろん知り合いの方もいないため、行く前はそれなりに緊張しましたが、ご一緒させてもらったtaketatuさん、YOSSYさん、参謀長さんは皆さん構えることなく接していただき、ワタシのくだらない質問などにも付き合って下さり、楽しい時間を過ごすことができました。皆さんワタシなんぞとは比較にならない深い方々で、教えていただきまくり、刺...

  •  4
  •  -