i.aquarium

アピストなどの熱帯魚、水草によるネイチャーアクアリウム、テラリウムなど。 写真はすべて横1000pxサイズ。

17 2018

バエンスヒ

ちょっと間が空きましたが、アピスト紹介シリーズ。

今日はAp.バエンスヒを。

20180216-1.jpg

まずはオスから。

20180216-2.jpg

まだサイズはさほど大きくないので、これからの成長に期待です。

青の発色はそれほどでもない感じですが、どうなりますか。

20180216-3.jpg

なんとなく尾ビレをアップで。

20180216-4.jpg

一方のメス。

最近はオスに押されて、こうやって前に出てくることはあんまりないですけど…。

20180216-5.jpg

なんかパンダみたいで可愛いっす。

20180216-6.jpg

オスとメスはあまり仲良くないですが、エサはメスもちゃんと食べれてるので大丈夫かなと。

20180216-7.jpg

恒例の最後の風景写真。

滝そのものはショボいのですが、光が差すといい感じになってくれます^^

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
15 2018

7割方完成?

~60cmテラリウム水槽制作記・part4~

小出し小出しの制作記、4回目でございます^^;


こないだ3連休の最終日は朝にチャームから植物類が届き、いよいよ本格的な植栽作業に。

空いてるところはいっぱいあるので、一応、各植物が好む環境に近いであろう場所に配置していきます。

20180213-1.jpg

前日、真ん中に置いてたスギゴケは右下に移動し、スギゴケがあった中央部分にはスナゴケを。


真ん中らへんにある背の高い枯れ枯れの草体はクジャクシダ。

衝撃のお姿ですが、商品として発送するからには生きてるんでしょうから、春になればきっと新芽が出てくる…ハズ。


ただ、メインっぽくする予定だった草がこの姿じゃカッコつかないので、

急遽近くの山道に行って、それっぽいシダ植物を採集してテラ水槽に投入。

20180213-2.jpg

ちょっと背が高すぎた感は否めませんが、ないよりはマシかと。

アマゾンチドメグサは、いらなかったっぽいです…^^;

20180213-3.jpg

夜の写真。

右奥のホースが換わっているのが分かりますでしょうか。

実はエーハイムのホースから8分岐する部分を水槽外に出していたんですけど、ポタポタ水漏れしていて、

そのジョイント部分のホースを交換したり、ホースバンドを装着してみたり、止水テープを巻いたりしたものの

完全に水漏れを止めることができず、仕方なく、急遽8分岐部分を水槽内に入れこむよう変更しました。

見た目ブサイクになっちゃいましたが、これはおいおい変更します。

20180213-4.jpg

ど正面から。

水漏れのゴタゴタにより、左の滝部分のチューブがズレてますな^^;

20180213-5.jpg

真ん中手前にあるコモンセンゴケ。

今回買ったモノの中では、なにげに一番気に入りました。

20180213-6.jpg

タマゴケまわりもジャングル化してきました。


改めて考えてみると、コンセプトも何もない感じになっちゃいましたが、

とにもかくにも、そこそこ植物で埋まってきたので7割方完成って感じでしょうか。

あとは会社近くのショップにコケを買いに行って追加するのと、

ウィローモスなんかを各所に貼り付けていく作業ですかね。

ただ、意外にウィローモスって高いので、水槽のを増やしてはトリミングして貼っていくという

地道な労働集約型努力で充実させていくコトになるでしょう^^;

20180213-7.jpg

最後の風景写真。たまにはいつもと違う感じのを。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ    
13 2018

ひとまず

~60cmテラリウム水槽制作記・part3~

前回の記事では、

20180210-4.jpg

こんな感じに仮組みしたところまで書きました。

で、そのまま状態で黒のシリコンシーラントを岩と岩と隙間なんかに注入して1日放置。


次に底砂の準備(洗浄)に取り掛かったのですが、思わぬ事態が…。

今回は田砂を使おうと思っていたものの売り切れだったため、

似た感じに見えるチャームさんの「Spring Water(湧水の砂)」という商品を買ったのですが、

砂を水に漬けると結構な灯油(石油)のニオイがして、何度洗っても取れません…。

おかしいと思って商品のレビューを見ると、同じようにオイル臭を訴えてる人がいて、さらによく見てみると、

商品ページに「ロットによって灯油のようなニオイがする場合がありますが、生体に影響はございません」と説明書きが…。

こうなるとクレームは通らないというコトなので、もはや説明を信じて使うしかありません。

しっかり洗ったものの頑固なニオイは消えないオイリーサンドを一面に敷き詰めるコトになりました。

購入をご検討の方は、確実にハズレロットが存在する底砂ロシアンルーレットになりますので、くれぐれもお覚悟を^^;


ハナシを元に戻して、いよいよ水の取り回し。

結局、エーハイム2213を使うコトにしたので、そのホースの先にニッソーの8分岐させるコネクタ(ティポイントの先?)を取り付け、

ウッドタイトで8本のチューブをチマチマと配置していきます。

20180211-1.jpg

で、なんとか完成。

まだ植物はほとんどありませんが、コケリウムの店で買っておいたタマゴケとスギゴケ、

水槽内のウィローモスを切ったものなんかだけ貼り付けてあります(置いてるだけですが…)。

20180211-2.jpg

これは遊びで一応つくってみた滝。

20180211-3.jpg

ただ、この昼間の写真を見て分かるように、ちょっと日光が当たる部分があるのがどうなのか…。

20180211-4.jpg

スギゴケってそんなに光が好きでもないようですが…。

20180211-5.jpg

ミストメーカーで霧を出してみました。

イマイチ思ったところには流れてませんが、まぁこんなもんでしょうかね。

20180211-6.jpg

霧に包まれたタマゴケはやたらいい感じ。

20180211-7.jpg

もいっかいスギゴケ^^;

20180211-8.jpg

最後の風景写真は兵庫県・飛龍の滝。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ    
11 2018

試行錯誤

~60cmテラリウム水槽制作記・part2~

レイアウト素材がないとイメージも湧かないため、まずは素材集め。

楽天市場のポイントがそれなりにあったので、なんとなく砂利屋さんの溶岩石を購入。

…が、届いたのは確かに溶岩石ではあるものの、どうも小さいなぁ、と。

ただ、買っちゃったモノはどうしようもなく、もはやこれでやるしかないよなぁ、と。

20180210-1.jpg

四の五の言わず、とりあえず組む。

ササッと10分くらいで積み上げてみる。

20180210-2.jpg

で、こんな感じに。

う~ん、小さめの岩を中に入れ込み、見栄えがする大き目の岩を表に出して組んだものの、どうにも寄せ集め感が否めないし、

サカナの遊泳スペースはほとんどなく、要するに積みすぎ。


…ほどなく解体。


岩をメインにしてみると、高いトコロ(上から)水を落としても岩と岩の間から水が下に落ちてしまい、

うまく下に伝わっていかないように思ったので、今度は流木をメインにして水の伝わりを重視して組んでみるコトに。

20180210-3.jpg

流木の組み方を決めてから、それを支えるように岩を組んでいきます。

20180210-4.jpg

こんな感じでしょうかねぇ。

悩んでると、いいんだか悪いんだか分からなくなってくるので、もうこれに決めて岩と岩をシリコンで固めていくコトにします。


では、恒例の風景写真を。

20180210-5.jpg

こんな光景は作れそうにないですね…。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ    
09 2018
サカナが死んだとか海水やめるとか、ちょっと暗めな記事が続いたので、今日は前向きなのを^^;


海水魚完全撤退に伴い、そのスペースで何か新しいこと、

具体的にはアクアテラリウムをやってみようかなと思い、あれやこれやと調べを進めております。

ただ、テラリウムってかなり幅が広く、やれるコトも、実現する手段も選択肢がありすぎ、

その割には情報量が少ないので、思うように検討が捗らないんですよねぇ。

「テラリウム 作り方」とかで検索してみると、「あなたもできる、手軽でお洒落なテラリウム」的なのはたくさん出てきます。

が、ワタシが求めているのは、意識高い系女子が「出窓のトコに置いちゃおうかしら、ウフフフフ」といったのではなく、

その制作には腰痛すら伴うようなガッツリ本気系のテラリウムでありまして、そういう記事はあんまりないのですねぇ。


…と、まぁそんなことはさておき。


今の時点で決まっているのは、スペース・金額的に60cm水槽サイズでやることくらい。

陸上部分は純粋に岩や流木などで組み上げるのか、発泡ウレタンなどを使うのか、

ろ過は外部フィルターを使うのか、底面ろ過(ティポイント)するのか、

滝やら渓流を作ってみたりするのか、どんな植物を入れるのか、

などなど、あらゆるコトに迷ってます。


が、この3連休である程度のカタチにしたいと思っていて、すでにちょこちょこ必要なものを集めはじめており、

あとは大急ぎで仕様を完全に固めていきたいと思ってます。

またチャームにいっぱいお布施するコトになるなぁ…。

20180204-1.jpg

アクアブログなのに写真が風景写真1枚の記事ってのもどうかと思いますが、

まぁなんとなくテラリウムの参考っぽい写真ってコトで^^;

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ