i.aquarium

アピストを中心に熱帯魚やネイチャーアクアリウム、海水魚、サンゴなどを。水槽着々増殖中。 写真はすべて横1000pxサイズ。

15 2017

またまた

お盆休みにアピスト水槽の底床変更を計画し、ApSandを購入すべくAn Aquariumさんのサイトを見てみると、

なにやらサマーセールをやられている、と。

で、ついつい生体在庫をチェック → ついつい発注、ということに相成りました…。

20170813-1.jpg

いつもの通り、チラ見せから^^;

20170813-2.jpg

はい、Ap.ロシタエでございますよ。

20170813-3.jpg

ロシタエは今、メスだけが残っている状態で、今後入荷も望めそうにないのでF取りなどは諦めてたんですけど、

セールのリストに「ラスト!」という文字とともに載ってたので、ついついリアクションバイト的(→ルアー用語)に反応してしまいました。

20170813-4.jpg

もちろんペア売りなので、こちらのきれいなメスも。

これで2メス体制になっちゃいましたが、メスが何匹いてもワタシでは産ませられないような…。


あと、底砂はアピスト水槽8本中5本を交換しときました。

Anさんのサイトには1袋でミニM水槽2本分とあったのですが、それだとあまりに少ない気がして1本あたりの砂の量を多くしたため、

ApSandが足りなくなってしまいました。

また買い足さないと…、今度は生体を買わないように…^^

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
12 2017

メタボサエ

45cm水草水槽のAp.エリザベサエのメタボ化がハンパない感じになっております。

20170808-1.jpg

なんじゃこのお腹…。

原因はワタシが毎週のように採集しては投入し続けているエビ。

いつも週末に犬の散歩に行く川原で簡単に入手できるため、ついつい採集してしまい、

食われるのがわかっていながら、それでも食われるまでに少しでもコケをキレイにして欲しいと思ってエビを水槽に入れちゃうのですねぇ。

20170808-2.jpg

エビを食べ、ご満悦のようです…


20170808-3.jpg

20170808-4.jpg

まぁしかし、水草水槽のアピストはいいものです。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
08 2017

ジャーマンラム

こないだ60cm水槽リニューアルのハナシを書きましたが、

その時に水草などを買いに行ったショップにキレイなジャーマンラミレジィがいて、思わずお持ち帰りしております。

20170807-1.jpg

色合いの美しさだけで言うなら、アピストよりもキレイですよね~。

20170807-2.jpg

メスはお腹が赤くてかわいいです。

20170807-3.jpg

購入初日、2日目くらいはオスがメスを苛烈に追いかけ、別居させるべきか考えましたが、

20170807-4.jpg

どういう訳だか急に追いかけなくなり、むしろ仲良くなった感じ。

20170807-5.jpg

オスは、メスが近くにエサを食べに来ても追い払うそぶりもしないようになってまして、

下手すればアピストよりもコッチの方が早く産むかもです。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
06 2017

産卵に向けて

相変わらず我が家のアピスト達はまったく産んでくれませんが、ちょっとでも現状を打開できればと、

チャームさんでプレコシェルターというモノを買ってみました。

益子焼だそうです、・・・どうでもいいですけど ^^;

とりあえずLを2個購入したものの、サイズの選択をミスりましてちょっと大きすぎる感じです。

20170801-1.jpg

まずは別居させていたAp.エリザべサエ(サンガブリエル)のオスとメスを同居させ、そこに1個を投入。

20170801-2.jpg

もうひとつはジュリアエメラルド・ペアのところに入れておきました。

20170801-3.jpg

こちらがAp.エリザべサエ(サンガブリエル)のオス。

20170801-4.jpg

Ap.ジュリアエメラルド(クルゼイロ)のオス。

20170801-5.jpg

ついでになんとなくAp.ビタエニアータ(カレイロ)のオス。

ここには素焼きの植木鉢を入れてあります。


お盆休みになれば、底砂をソイルから、An AquariumさんのApSandに変えていく予定でして、

これで当面の打てる手は尽きちゃいますね。

とりあえず、どれか産んでくれないですかねぇ。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

    
02 2017

リニューアル

我が家にある水草水槽3本(60cm、45cm、30cmキューブ)のうち、60cm水槽をリニューアルしました。

この水槽は我が家で一番大きいため、アピストのペアの片割れ(表現が悪いですけど)など

行き場のないサカナやら大きめのサカナ、余ってしまったけど捨てるにしのびない水草などをついつい入れてたんですけど、

コバルトロージーテトラとアピストがエビを突いて水草水槽なのにエビがどんどん減り、

水草も何ロタラなのか分からないような状況になっておりました。

20170731-1.jpg

20170731-2.jpg

おまけに毎週欠かさず水換えとコケ掃除をやっているにも関わらず、どことなく水が淀んだような雰囲気でして、

「ちょっとここらで徹底的なメンテナンスが必要なのかな」

「どうせメンテするなら、自分なりにレイアウトを考え、それをきちんと具現化した水草水槽にしようじゃないか」

などと思い立った次第であります。


で、新しい水景のイメージづくり。

まず、草原というか丘っぽいイメージがまず頭に浮かびました。

次に、底床の高さに変化をつけたいと思いました。

そしてあとは、岩の上に流木を置くようにしていつでも流木をメンテできるようにしたい、とか細かいことも考えました。

草種は、岩に活着して増えまくってるハイグロフィラ・ピンナティフィダと、

ロタラのうち、形状的に素性がはっきりわかるロタラsp.ベトナムのみを再利用して他の草は廃棄。

草原というか絨毯にする草の選定では、悩んだ末にグロッソスティグマに決め、

組織培養モノ(みずくさの森)のグロッソを1カップと、流木のメインプランツとするミクロソリウム・ナローリーフを購入しときました。


あとは、チマチマとグロッソを植え、流木にミクロソリウム・ナローリーフとウィローモスを巻きまくるだけ。

日曜のかなりの時間を割いてリニューアル作業を進めました。

20170731-3.jpg

20170731-4.jpg

完成後はこんな感じ。

20170731-5.jpg

もっと高さを出せればよかったんですけどね。

20170731-6.jpg

なんとなく前に張り出してくるような流木を選んでみました。


あとは、グロッソの成長を待つのみですが、今は日夜エビに抜かれたグロッソの再植栽に追われておりまして、

とりあえず早いトコ根付いてもらいたいものです…。

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ