i.aquarium

アピストなどの熱帯魚、水草によるネイチャーアクアリウム、テラリウムなど。 写真はすべて横1000pxサイズ。

24 2018

要注意

先日入手&ご紹介したAp.ロカフェルテですが、なんか変わってます。

20180921-1.jpg

スポンジフィルターの吐出口に興味しんしんな様子を見せたかと思ったら、

20180921-2.jpg

突っ込む、と。

20180921-3.jpg

で、それを見てたメスも興味を示して突入する、と。

う~ん、さすが購入初日にダイブするだけありますねぇ。

ここに餌があるかもと思ってるんでしょうか。

まさかジャグジー感覚、なんてコトはないでしょうし。

20180921-4.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

23 2018

新アピ2

タイトルは「新アピ2」となってますが、Ap.ロカフェルテの前にアピを購入してましたので、

順番は後先になりましたけど改めてご紹介を。

20180920-1.jpg

トリファスキアータのパンタナル産。

会社帰りにウオパラさんに寄り、安かったこともあってなんとなく購入。

ポピュラー種でマニアな人はあまり買わないと思いますが、なんか好きなんですよねぇ。

トリファってグァポレ産の方がブルギラなイメージですけど、このパンタナルが大きくなってどうなるか楽しみです。

20180920-2.jpg

まだかなり小さいサイズで、トリファとコンブラエが混じってる水槽からペアを選ぶコトになりましたが、

両種は見分けられるものの、トリファの中で確実にオス・メスを見分けるのが難しかったっす。

で、まずオスはこの背ビレですので大丈夫かと。

20180920-3.jpg

小さいクセに気が強い感じです。

20180920-4.jpg

一方のメス。

背ビレと腹ビレからメスと判断しましたが、合ってますよね?

店長も「大丈夫ですよ」って言ってくれたコトですし。

20180920-5.jpg

丸っこい個体で、なんだか安産型な気がします。

サイズだけならオスより少し大きいですが、やっぱり水槽内ではオスの方が強いですね。

20180920-6.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

19 2018

真似て新アピ

先日、ナルさんがAp.ロカフェルテ(シェリー)を購入したと記事にされてました。


で、なんとなく興味を持ったので販売元のサイトを見に行き、ブログで採集してる様子なんかを読みふけり、ふと思った訳です。

「あぁ、こんなの欲しいなぁ」と。


しかし、一方でこうも思う訳です。

「こんだけ苦労して採ってるし、きっと高いわなぁ」と。


で、サイトに戻って値段を確認してみると\15,000--とのコトで、

これを見ると、「買えんコトない値段やん」とか思っちゃう訳ですね…。


普通の商取引って、店があの手この手を使って買う側が安いと思うように仕向ける訳ですが、

今回の場合、自分が勝手に高いだろうとハードルをあげ、挙げ句に安いと思って買うという、

自分で作ったトラップに自分がかかる、みたいな経緯で購入することになりましたよ ^^;


で、こないだの3連休最終日の月曜日に到着して無事に水槽へ収容しましたが、そこで早くも事件が…。

なんと1時間後にオスがダイブして床に落下し、救出はしたものの、しばらく水槽の底で横たわってまして、

一時は「写真1枚撮る時間もなく死なせてしまうのか」とか思いましたが、なんとか回復してくれました。

20180918-1.jpg

こんな感じのペアでして、まずまず仲は良さそう。

20180918-2.jpg

採集ブログで見た太陽光下のブルーがかったボディーカラーと比較すると地味ですが、このへんは想定内。

20180918-3.jpg

注目の背ビレはこのくらいで、期待ほどではありませんが、

ナルさんはじめアピストのツワモノの方々が購入された後での通販購入ですから、これもまぁ想定内。

産ませる可能性の限りなく低いワタクシが極上個体なんて手に入れても、宝の持ち腐れ感がハンパないですしね。

すでにサイズもそれなりなので成長の余地があるかは分かりませんが、伸びるよう祈るのみっす。

20180918-4.jpg

尾ビレは多少赤のモザイク。

20180918-5.jpg

メスはなかなか立派で、オスといいバランスな気がします。

20180918-6.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

15 2018

水草水槽の現状

我が家の水草水槽は、頑張ってるのは水換えだけで、あとはたまに水草をトリミングしたりチェンジするくらいで、

基本的なレイアウトはほとんど変えないままにしております。

20180905-1.jpg

海水魚時代の120cm水槽台に水草水槽3本(60cm、30cmキューブ、45cm縦置き)を並べとります。

20180905-2.jpg

トニナ水槽は、あまりにトニナが分裂して途中から根を出しまくるので、

再度トリミングして床ギリギリに植えてみました。

20180905-3.jpg

60cm水槽は基本的なレイアウトはそのままで、他の水槽で余ったグロッソとトニナを植えときました。

…ここはpH6.7くらいあるのでトニナはすぐダメになるでしょうけど。

20180905-4.jpg

この45cm水槽はコンセプトも方向性もなく、テキトーですね^^;

20180905-5.jpg

ほんとは小型水槽に植えるべきロタラ・マクランドラ。

20180905-6.jpg

水草に赤いエビは映えますね~。

20180905-7.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m

10 2018

撮れないサエ

うちのエリザベサエはオスとメスがあまり仲良くないので、障害物というか遮蔽物をたくさん入れているのですが、

そのせいでオスは隠れやすい水槽の奥に居ついてしまい、なかなか写真が撮れません。

20180902-1.jpg

ブラインを入れて撮影チャンスを狙うのですが、なかなか思い通りにはいかず、

20180902-2.jpg

20180902-3.jpg

常にこんなチラ見せの状態。

20180902-4.jpg

20180902-5.jpg

ちゃんと育ってはくれてますが、ちょっと太り気味ですかねぇ。

20180902-6.jpg

オスとメスの関係性はこんな感じ。

20180902-7.jpg

婚姻色は見たコトありませんが…。

20180902-8.jpg

◆アクセスアップのため、下のバナーをポチッとお願いします m(_ _)m